ウィッグを毎日使っていると、ホコリや絡み、もつれでウィッグが傷んできます。

ウィッグは消耗品ですので、
毎日使っていると傷みが増し、約1ヶ月ほどでダメになることがしばしばあります。

数万~数十万円もするウィッグでしたら、
一定期間アフターケアサービスがあるメーカーがほとんどですので問題ありませんが、
比較的安価なウィッグだとそういうサービスがあるメーカーはほぼないです。

ウィッグを少しでも長持ちさせるために、
ウィッグの選び方からウィッグのお手入れまで詳しくご紹介します!

まず、傷みが少ないウィッグはショートカットのストレートタイプです。

ミディアム~ロングヘアでカールがついているタイプだと、1回の使用で、
すぐに絡みができてしまうものもあるので、
毎日使う人はなるべくショート~ボブタイプを選ぶといいでしょう。

使い終わったら必ずブラッシングをしてください。

絡みがあるところは、ブラシをよく通して根気よく絡みをほぐしていきましょう。

この時、強い力をかけて無理矢理ブラッシングしたり、
毛でひっぱったりするとさらに絡み、傷みが増すので絶対にやめてください。

あまりに傷みが激しく、絡みが取れない時は、
思い切ってハサミで切ってしまうのもひとつの手です。

毎日使い終わったらきちんとブラシをかけましょう。

こまめなウィッグのお手入れが長持ちさせる秘訣です!