ウィッグをかぶっている日に、突然の大雨に降られてウィッグが濡れてしまったら?

すぐ家に帰るならウィッグを取ってもいいけど、出かける途中で時間がない時はどうしよう!?

ウィッグが濡れた場合にすることをご紹介します。

まず、耐熱ファイバーのウィッグは、
人毛と違って濡れた時にすぐにウィッグとバレてしまいます。

毛がぺったりと濡れていますが、テカテカ感が強調されてしまいます。

そんな時は、ウィッグの毛を結んでしまいましょう。
いったんウィッグを取って、タオルで表面の水分を出来るだけ取ります。

ウィッグを少し振って空気を含ませることにより、乾きやすくなります。

その後、ウィッグをかぶって手ぐしでざっくりと毛を結びましょう。
高めのポニーテールだと濡れている感があまり出ないのでおすすめです。


また、ウィッグが濡れた場合は必ず乾かしてください。

雨などで濡れた場合はなるべく洗った方がいいでしょう。
洗った後に、多めに入れた柔軟剤に漬け込むことを忘れずに。

洗わない場合は、ウィッグスタンドにかけて日差しが当たらない場所で干しましょう。

耐熱ファイバーのウィッグは化学繊維なので、濡れると特有の臭いがします。
そのまま放置するなんてことは絶対にNGです!