ウィッグには色々な種類がありますが、薄毛や脱毛を隠すための「かつら」としてのウィッグが昔からのウィッグのイメージでした。

しかし最近ではファッションとしてのウィッグがたくさん発売されてきたことにより、
日常的に、オシャレにウィッグが使われるようになりました。

ファッションウィッグは手植えウィッグとは違い、機械で作られています。
それらをマシンメイドウィッグと言います。

マシンメイドウィッグをご紹介します。

マシンメイドウィッグは手植えウィッグとは違い、すべて機械で作られています。

機械で作られているので、大量生産しやすく、様々なウィッグの形に対応できるので、
フルウィッグだけでなく、エクステタイプやポイントウィッグも作ることができます。

また、時代によって流行のスタイルが異なりますので、それに合わせてすぐにウィッグを作ることができるのが、マシンメイドウィッグの良いところです。

しかし、マシンメイドウィッグは手植えとは違い、機械で作られているので手植えのようなふんわり感がありません。

そのため、マシンメイドウィッグを付ける際は必ず空気を含ませるように振りましょう。

また、機械で大量生産しているので不良品も多いのが難点ですので、商品が届いたらすぐに不良品かチェックしましょう。