ウィッグの毛には二種類あります。人毛と耐熱ファイバーです。
ここでは、高めのミセスウィッグやカバーピース、医療用ウィッグに使われている人毛についてご紹介します。

人毛ウィッグには、100%人毛のものと、人毛とファイバーをミックスしているものがあります。
100%人毛のものは最近ではあまり見かけませんし、値段がかなり高いです。
人毛とファイバーをミックスしているものが主流と言えるでしょう。

人毛はどこからきているのか?
主な原産国は中国です。農村部に住む髪のキレイな女性が業者に髪を売っているのが現状です。
染めたり、パーマをかけたことがない、純粋な毛「レミーヘアー」は高値で売れるからです。
そうやって業者が集めた毛は、工場で殺菌消毒され、一斉に髪に色をつけます。
注意してほしいのが、人毛だから髪色が自然、というわけではありません。
人毛でも人それぞれ地毛の色が違うため、統一するために染色します。

人毛はやはり自然です。
毛のテカリもなく、少し傷んでいるところもある・・・ファイバーでは出せない、人毛ならではの自然さが魅力です。
しかし人毛ウィッグは、熱に弱いので、ドライヤーやコテ等を使うことができません。
用途に合わせて、人毛ウィッグを選びましょう。