ポイントウィッグを付ける場合、
土台のお団子をきっちり作ることで仕上がりがかなり変わってきます。

土台のお団子が崩れかけだと、
ウィッグもきっちり固定できませんし、ぼさぼさであまりいい印象ではありません。

土台のお団子の作り方をご紹介します。

お団子を作る際に使うゴムは、必ず太めでしっかりしたものを用意しましょう。
ゴムの色は髪色やウィッグの色に合わせてください。
大体三重で結べる程の大きさのゴムがぴったりです。

・髪が短い人のお団子

まず、髪が短い人のお団子の作り方です。

短い人はお団子を作っても、毛がピンピン出てしまうことがありますので、

ウィッグを包んでいる薄いネット「保護ネット」を使うと上手くお団子が作ることができます。

お好みの場所で髪を結んだら、結んだ髪を保護ネットで包み込みます。

きっちり包んだら、毛先を持って結んだ根元に向かってぐるぐるとねじっていきます。

ねじっていき、お団子を作ったらピンを留めて固定します。

ピンは大体4本使って色んな方向から留めるとしっかりと固定できます。

・髪が長い人のお団子

次に、髪が長い人のお団子の作り方です。

お好みの場所で髪を結んだら、結んだ髪を三つ編みにしていきます。

毛先までしっかりと編みこんだら、
そのまま根元に向かってぐるぐるとねじりお団子を作ります。

その後ピンで固定していきますが、髪が長い人はピンはかなり多めに留めましょう。

たくさん留めることでお団子がしっかりと固定できます。

土台のお団子の作り方は、ポイントウィッグを付ける場合は必ず覚えておきたい重要ポイントなので、しっかり固定できるように練習しましょう!