自分で前髪を切って失敗してしまった時、雨や湿気で前髪がうねってうまくセットできない時、髪を染め忘れてプリン状態の時、こんな時は万能な前髪ウィッグを使いましょう!

前髪ウィッグの付け方をご紹介します。

主に前髪ウィッグには2種類あります。
つむじがないタイプとつむじがあるタイプです。

つむじがないタイプの前髪ウィッグの付け方

(1).まず、地毛の前髪をセンター分けにしてサイドへよけてピンで留めます。

ここでは短めのピンを使うと良いでしょう。

あまりに長いピンを使うと前髪ウィッグの横からピンがはみ出てしまうので注意してください。

(2).ウィッグを付けたい位置に合わせ、
ウィッグの裏に付いているパッチンピンで地毛に固定します。

(3).サイドの髪でウィッグと地毛の境目をなじませてカバーすれば完成です!

つむじがあるタイプの前髪ウィッグの付け方

基本的につむじがないタイプと同じ付け方です。

地毛をサイドに分けておいて、裏のパッチンピンで留めて固定します。

つむじがついているので、境目を地毛でなじませる必要は一切ありません。

どちらのタイプも使いやすいですが、
つむじがあるタイプの前髪ウィッグの方が自然なので使いやすさでは上です。

前髪ウィッグは付けるのが少し難しいので、
慣れるまで練習が必要ですが、理想の前髪になれるので是非おすすめです!